もしもの時のガスの防災対策

ガス器具の正しい使用方法

点火・消火は必ず目で確かめてください。

1-2ガス器具の近くに、燃えやすものは置かないでください。風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げているときに、鍋の中の油に火がつくことがあり、大変危険です。ガスを使っているときは、その場を離れないようにしてください。立ち消え安全装置や加熱防止装置(あげルック)など、安全装置付のコンロをおすすめします。

ガス栓は、使用時には全開で、使用後は完全に閉じてください。

2-2ガスをお使いになるときは、ガス栓を全開で、また外出するときやお休み前には、ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認してください。使用していないガス栓には、必ずゴムキャップをつけてください。長期間ご不在になるときは、容器バルブを閉め、LPガス販売店にご連絡ください。配管やガス栓をアースの代わりに使用しないでください。

容器バルブの閉め方

3-2災害のとき、容器バルブを閉める事は、二次災害を防ぐ上でも有効です。万一のときは、素早く対応できるようにしておいてください。容器バルブを閉めるときは時計と同じ右回しです。

いつも青い炎でお使いください。

4-2ガスをお使いのときは、炎は必ず「青い炎」でお使いください。赤っぽい炎は、不完全燃焼をしている炎です。

換気に注意してください。

5-2室内でガス器具を使用するときは、換気扇を回したり、ときどき窓を開けて十分に換気をしてください。LPガスが燃えるためには、たくさんの空気を必要とします。換気が十分に行なわれないと、酸素不足や室内に排気ガスが充満して不完全燃焼を起こし、有害なCO(一酸化炭素)を発生するため、大変危険です。小型湯沸かし器は長時間使用しないでください。

ゴム管はときどき点検し、早めに交換してください。

6-2ひび割れが発生しているゴム管は使用しないでください。ゴム管はガス栓の赤い線のところまで差し込んで、ホースバンドでしっかりとめてください。ゴム管は、長くしたり、物かげを通したり、折り曲げたりしないでください。三つ又は危険なので、絶対に使用しないでください。

ガス器具のお手入れ

7-2ガスコンロなどの目詰まりは不完全燃焼の原因となります。ときどき器具ブラシなどで掃除をしてください。ガス器具のお手入れなどで、ネジなどを取り外す必要がある場合は、自分でお手入れせずに、必ずLPガス販売店へご連絡ください。

お気軽にお問い合せください TEL 096-286-2078

PAGETOP
Copyright © 渡辺商店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.